陽気で言う夏は暑い先入観以外にもいっぱいとある事例について

自身は四季の中で頂点、夏場が嫌いだ。夏場の暑さには耐えられません。それで刺々しい水ものや健康を冷ます食べ物ばかり食べれば健康を壊してしまう。自身はカジュアル、喉が渇いても何も呑みません。夏場だから飲んだほうがいいといいますが多く、飲んだほうが健康に小さいんじゃないかと思ってしまう。去年、初めてエネルギー中症に加わりはじめ週寝込みました。治っても、ずっと寝たきりだったので健康がだるくうちの中でさえあるくのが面倒でした。もう、そんなパワーをしたくないので最近年は気を付けようと思っています。自身が前に住んでいたうちは立地要件が良かったのか暑くても振りが吹き冷房は入り用なかったです。そのまま引っ越してしまったので冷房を新居の為に買う時も自身は必要ないと言ってしまいました。普段は閉めて要る窓も今は開けていますが涼しくありません。書籍等で冷房は付けたほうが良いといいますが私の広場には無いので今は使っていない広場に赴き冷房を付けている。使っていない広場に冷房があるのは勿体ないですが今更また工事に入られるのは嫌なので、そのままにしています。学生時代は夏休みが残る八1箇月は嬉しかったですが大人間になると、どこに行っても若い子ばかりで夏休みは大変です。